債務整理とは?

債務整理の基本的メリットは、借金や債務の額を減らせるようになってくるといったことであり、借金などの利素行は利息制限法といった保率で上限が定められているのですが、この上限金利を超えるような利息は法律上無効となるのです。

 

そしてサラ金やクレジット会社の多くはこの上限金利を超えるような利息でお金を貸し付けています。そしてこれらの業者を利用してみて借り入れて、返済をしている限りは利素行を払いすぎているようなこととなるのです。

 

そして、債務整理箱の払いすぎてしまった利息を過去にさかのぼり幡本に充当されたものとみなして改めて借金額を計算し押していきます。そしてこれを引き直し計算と呼びますが、債務整理をしてみれば借金や債務の額を減らせるようなことができるのが、この過払い利息の引き直し計算をしてみるからなのです。

 

そして債務整理をする最大のメリットは引き直し計算により借金や債務の額を減らせるようなことになります。そして返済額の債務整理を選択しても債務整理後の返済対象になってくるのは、引き直し計算後の減額された借金や債務の額になってくるのです。
そして減額された借金や債務でッても返済できないようなことがあれば、非返済型の債務整理=自己破産を選択するのです。
債務整理の手段としては以下のものがあります。
自己破産/任意整理/個人再生/過払い金請求

 

債務整理

をすると借金ができなくなる?

債務整理の記録が残っているよなことがあれば、審査に通るといったことは難しいです。
そしてこの信用情報機関はいくつかあって、それぞれに情報を保持する期間が定められていて、破産や再生の情報のとき7年間~10年間は記載されているようなことが一般的です。

 

そして5年で消えるといったことが言われているのは延滞などのいわゆる事故情報なのです。
ですが、信用情報機関の情報はあくまで参考にされるようなものですから、実際にはローン会社や金融機関によって、破産や再生情報があったとしても、ローンを個うめる時があります。そして、この基準はもちろん一般に公開されているものではなくて、あくまで推測をするしかないのですが、代替5年~7年たては新しくローンを組めるようなことが多いのです。
ですが、以前債務整理をした業者の時は再び借り入れするといったことは難しいことがありますが、A銀行に合った債務を自己破産で免責にしたときは、20年たっても再びA銀行から借り入れをするといったことができなかったけど、B銀行であれば、審査がとおるといったことはよくあることで、品物を購入した代金をローンで支払っていくといったことがあれば比較的に早い段階からOKが出るようなことがあります。